一条工務店で素敵なマイホームを建てよう!

レディ
  1. ホーム
  2. 新築へのだわりが大事

新築へのだわりが大事

模型を持つ人

妥協とこだわり

府県境に位置する枚方市の新築一戸建てを計画するのは、夫婦二人での世帯が増えています。近年、立地のいい枚方市では、婚活支援が話題を集め、成婚によって新築一戸建て住宅への関心は高い特徴があります。ですが、ライフプランによる資金計画も視野に入れる必要があり、賢い買い物として土地や建物に多少の妥協案が夫婦間で持ち上がっているのも実情です。例えば、枚方市中心地の土地の価格から小さな土地を購入するケース、自由度の高い設計となる注文住宅ではなく、住宅メーカーによる建売住宅の購入などが計画されています。二人の時間を優先するなど、都心寄りとなる土地には採光や眺望などに難が生じる場合もあります。しかし、閉塞感を払拭し、採光を生かす設計手法やレイアウトに着眼点がおかれています。開口部を多く設けて視線の抜け、明るさによって広がりを演出するなど、こうした遊空間となる新築一戸建てを得意とするのは設計士兼建築家です。

伝わり方と作り方

中核市として条件のいい土地も多い枚方市では、好立地から新築一戸建てを決意する建主もいるほどです。新築一戸建てのプロデュースを依頼する場合、要望が伝わるか否かも大事です。例えば、枚方市は多方面へのアクセスに優れた交通の利便性からも、自動車を所有する世帯も多い傾向です。作品としてのアイデア豊富なプロの中には、ビルトインガレージではなく、リフト式車庫を設置するなど、複数所有する愛車への配慮が成されるのかが重要となります。もちろん、敷地面積によっては十分な生活スペースが両立できるかも大事です。また、平屋より二階建て、三階建ての新居が多いのも都心寄りの特徴です。二階から上が生活の拠点となる間取りでは、人の気配がなくなりやすい一階の玄関は防犯のために対策が必要です。愛車への盗難などのトラブルも踏まえた住まいづくりが、意志の疎通一つで展開されています。